記者会見のような市松模様のバーチャル背景画像の作り方

オンライン配信用の背景画像の
準備はできていますか?

テレビやインターネットで、
記者会見や商品発表のときに
よく使われるのがバックボードパネルです。

今回は、記者会見のような
バックボードパネルを、

バーチャル背景用に作る方法を
わかりやすく解説します。

ロゴと企業・団体名を交互に並べてアピール

記者会見や商品発表などの場で、
企業や団体の活動をアピールするために、
ロゴや文字を並べたバックボードを使います。

バックボードの画像データは、
オンライン会議やセミナーなどの
バーチャル背景としても活用できます。

オフラインだと物理的に
持ち運びや設置が必要です。

オンライン配信の背景なら、
画像データだけなので、
活動PRにとても便利です。

バックボード画像作成の手順

背景画像のサイズを決める

縦横比16:9の場合

・1280×720ピクセル
(ハイビジョン画質=HD)

・1920×1080ピクセル
(フルハイビジョン画質=フルHD)

縦横比4:3の場合

・1280×960ピクセル

市松模様の1マスのサイズを決める

※今回は、縦横比16:9の画像で解説します。

横7行×縦4列の場合

・180×180ピクセル
(画像1280×720ピクセル)

左右10ピクセルずつの端数あり

・270×270ピクセル
(画像1920×1080ピクセル)

左右15ピクセルずつの端数あり

横5行×縦3列の場合

・240×240ピクセル
(画像1280×720ピクセル)

左右40ピクセルずつの端数あり

・360×360ピクセル
(画像1920×1080ピクセル)

左右60ピクセルずつの端数あり

市松模様の配色を決める

配色は人の心理や行動に
影響を与えます。

企業・団体・商品・サービスの
イメージに合わせて、
色彩心理学
活用すると効果的です。

ロゴや文字を並べる

ロゴの画像ファイル形式に
ご注意ください。

ロゴ画像の背景が透明か否かで、
編集の手間が大きく変わります。

▼画像ファイル形式
・JPEG→透過できない
・PNG→透過できる

ロゴは背景が透過された
PNG画像を使いましょう。

画像編集ツール一覧

Illustrator(イラストレーター)

Adobeのデザイン作成ツールです。

プロデザイナーの愛用者も多く、
高度なグラフィック機能が備わっています。

PowerPoint(パワーポイント)

Microsoftのプレゼンテーションソフトです。

プレゼンなどの資料作成ツール
としてよく使われています。

Canva(キャンバ)

オンラインのデザイン作成ツールです。

クラウドに画像データを保存できるので、
どこでも編集作業ができます。

Canva Pro なら、
ワンクリックで背景透過できます。

画像編集ツールは、
使い勝手の好みが分かれると思います。
まずは試しに使ってみて、
自分との相性を選んでください。

まとめ

ロゴやキャッチコピーで、
企業・団体の活動をアピールしましょう。