エクセルでリンクURLを貼り付けるショートカット

知らないと損する!ExcelでリンクURLを貼り付ける方法

Excelでリンク先のURLを貼り付けるとき、右クリックでハイパーリンクの挿入ボックスを開いてませんか?

カーソルを移動する時間が、作業ロスになっています。

ショートカットを使いましょう

ショートカットは必要な操作を、一発で実行できます。

カーソルの移動操作がなくなれば、作業時間の短縮につながります。

Excelでハイパーリンクの挿入ボックスを開くショートカットキー

[Ctrl]+[K]

操作手順を詳しく解説

▼準備(マウス操作でも共通)
・リンクURLをコピー
・貼り付けたいセルを選択

▼ショートカット操作
①左手小指で[Ctrl]キーを押したまま
②右手中指で[K]キーを押す
これでハイパーリンクの挿入ボックスが開きます。

あとは、アドレス欄にリンクURLを貼り付けると、セル内の文字列にリンクURLが挿入され下線が付き、青文字で表示されます。

また、リンク先はURLだけでなく、Excelファイルの別シートのセルを指定することもできます。

【関連記事】エクセルで文字や数字に下線を引くショートカット

ショートカットキーの覚え方

[Ctrl(コントロール)]キーは、「制御」を意味する「Control」の略。
[K]キーは、「Link(リンク)」の語尾で覚えましょう。

ショートカットなら作業時間を短縮できる

Excelでハイパーリンクの挿入が多い方に、おすすめのショートカット機能です。

ショートカットを使えば、無駄なカーソル移動がなくなります。

ハイパーリンクの挿入ボックスを開くショートカットはOffice全般で使える

[Ctrl]+[K]のショートカットは、Excelだけでなく、Word、PowerPointなどのOfficeソフトにも使えます。

いろいろ試してみてください。

まとめ

・Excelでハイパーリンクの挿入ボックスを開くショートカットキー

[Ctrl]+[K]

・[K]は「Link」の語尾で覚えましょう。
・無駄なカーソル移動をなくして、作業時間を短縮しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。