エクセルで不要な罫線を消すショートカット

知らないと損する!Excelで不要な罫線を簡単に消す方法

Excelで不要な罫線を削除するとき、セルの書式設定を使ってませんか?

クリック回数が多くなる分、作業ロスになっています。

ショートカットを使いましょう

ショートカットは必要な操作を、一発で実行できます。

不要な罫線を削除するのに、とても便利な機能です。

クリック回数が少なくなれば、作業時間の短縮につながります。

Excelで不要な罫線を削除するショートカットキー

[Ctrl]+[Shift]+[\]

操作手順を詳しく解説

▼準備
・不要な罫線の範囲を選択

▼ショートカット操作
①左手小指で[Ctrl]キー、左手薬指で[Shift]キーを押したまま
②右手で[\]キーを押す
これで不要な罫線が削除されます。

よく使うのは、行や列を挿入したときに、余計な罫線を消す場合だと思います。不要というのはExcelが自動で判断します。日常的によく使う表のレイアウトで試してみてください。

【関連記事】エクセルで行や列を挿入するショートカット

ショートカットキーの覚え方

[Ctrl(コントロール)]キーは、「制御」を意味する「Control」の略。
[\(バックスラッシュ)]は、プログラムなどの区切りや、文字の打ち消し記号として使われます。

ショートカットなら作業時間を短縮できる

Excelで表の作成が多い方に、おすすめのショートカット機能です。

まとめ

・Excelで不要な罫線を削除するショートカットキー

[Ctrl]+[Shift]+[\]

・[\]は、「区切りや打ち消し」で覚えましょう。
・無駄なクリック操作をなくして、作業時間を短縮しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。