エクセルで選択範囲を上下左右に一つずつ広げるショートカット

知らないと損する!Excelでセルの選択範囲を拡大縮小する方法

Excelでセルの範囲を選択するとき、ドラッグしていませんか?

左ボタンを押してドラッグで選択すると、左ボタンを一度離して再度範囲を変更するとき、選択範囲が解除されてしまします。

ショートカットを使いましょう

ショートカットは必要な操作を、一発で実行できます。

再操作のドラッグがなくなれば、作業時間の短縮につながります。

Excelで選択範囲を上下左右に一つずつ広げるショートカットキー

選択範囲を上に広げる場合

[Shift]+[↑]

選択範囲を下に広げる場合

[Shift]+[↓]

選択範囲を左に広げる場合

[Shift]+[←]

選択範囲を右に広げる場合

[Shift]+[→]

操作手順を詳しく解説

①左手薬指で[Shift]キーを押したまま
②右手で広げたい方向[↑][↓][←][→]キーを押す
これで完了です。

この操作は、選択範囲を拡大するだけでなく、縮小する場合にも使えます。

ショートカットキーの覚え方

[Shift(シフト)]キーは、キーの上段に表記されている文字の入力に使います。
[↑][↓][←][→]キーは、選択範囲を拡大縮小する方向を示すものとして覚えましょう。

【関連記事】エクセルで上下左右に連続するデータを選択するショートカット
【関連記事】エクセルで複数のセルを選択する方法

ショートカットなら作業時間を短縮できる

Excelで表を選択する作業が多い方に、おすすめのショートカット機能です。

選択範囲を拡大縮小するショートカットを使えば、無駄なドラッグ操作がなくなります。

選択範囲を拡大縮小するショートカットはWindows全般で使える

[Shift]+[↑][↓][←][→]のショートカットは、Excelだけでなく、Word、PowerPointなどのソフトウェア、フォルダやファイルなど、Windowsの様々な選択範囲の拡大縮小にも使えます。

いろいろ試してみてください。

まとめ

・Excelで選択範囲を上下左右に一つずつ広げるショートカットキー
[Shift]+[↑][↓][←][→]
・[Shift]はキー表記の上段の文字入力で覚えましょう。
・[↑][↓][←][→]は拡大縮小する方向で覚えましょう。
・無駄なドラッグ操作をなくして、作業時間を短縮しましょう。