Googleでキーワード検索された数を調べる方法【結論:キーワード検索ツールを使う】

ニーズ調査をしていますか?

ブログやホームページで情報発信する内容は、ユーザーが求めている情報であることが重要です。

ユーザーの立場になって考えてみましょう。あなたがネットユーザーなら、どのような目的でネット検索していますか?

もちろん、知りたいことがあるからでしょう。では、情報発信する場合、ユーザーが知りたい情報を意図的に発信していますか?

ネット検索する人の大半は、GoogleもしくはYahoo!でキーワード検索をしています。あなたも使ったことあるでしょう。ネットユーザーが検索欄に入力したキーワードが、その人の求めていることなのです。

ニーズの調べ方を紹介

情報発信者として、Googleに入力したキーワードが分かれば、嬉しくないですか?

キーワードツールを使えば、ネットユーザーが検索欄に入力したキーワードがわかります。

サジェストという機能で、一つのキーワードから、関連キーワードを提案してくれる優れものです。しかも、オプションによっては検索された回数もわかるので、ニーズのボリュームまで知ることができます。

キーワードツールには様々な種類があります。

Googleでキーワード検索された数を調べる方法

僕がイチオシのキーワードツールは「ラッコキーワード」です。

ラッコキーワードには、無料版と有料版があります。

無料版では「キーワードリサーチツール」のサジェスト機能で、調査したいキーワードから一瞬で関連キーワードを収集してくれます。収集対象がGoogle、Bing、YouTube、Amazon、楽天など幅広いので、読者や視聴者のニーズを調査するのにとても便利です。

有料版では、さらに多くのキーワード情報を収集できたり、月間検索数も取得できるので、ニーズのボリュームを調べるのには最適です。

ブログ記事を書いている人におすすめ

ブログ記事を書いている人にはおすすめのツールです。

キーワードリサーチツールなら、あなたの見込み客が求めていることがわかります。

さらにいうと、キーワードの組み合わせを見るだけで、購買意欲の高いユーザーと低いユーザー別に求めている内容がわかります。

たとえば、
①「ラーメン」
②「ラーメン 博多」
③「ラーメン 博多 営業時間」

この3種類の組み合わせで最も購買意欲が高い方は誰でしょう?

もちろん③の方ですよね。
①の方は、抽象的にラーメンと検索してるので、ほとんど行動意図はないでしょう。
②の方も、地域名が加わっただけなので、今すぐ食べたい方でもないでしょう。
③の方は、営業時間を知りたいということは、行く気があるということです。

これは一例に過ぎませんが、キーワードは無数にあります。

記事のネタ探しでお悩みの方へ

需要が大きいキーワードの記事だけでは不十分です。

需要が大きい分、情報発信者のライバルもたくさんいます。

そこで、需要が少なくても行動意欲が伝わるキーワードを探しましょう。

キーワードリサーチに熱中すると、目の前に相談者がいるように感じます。それくらい、キーワードの組み合わせで相手が求めていることがわかります。

ぜひ、あなたの記事ネタ探しに役立ててください。

ネットユーザーのニーズがヤバいほどわかる

まずは無料登録で、あなたが取り扱っているサービスや商品のキーワード調査をしてみてください。

ラッコキーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。